豆知識


● 初心者の捕球練習
  http://mft.jp/fielding_basiccatch.htm(PC用サイト)

  http://mft.jp/sp/fielding_basiccatch.htm (スマートフォン用)

● 成長期のトレーニング
  http://mft.jp/basic_training_junior.htm(PC用サイト)

  http://mft.jp/sp/basic_training_junior.htm (スマートフォン用)

尾張JPスポーツの試合結果であった事例

ノーアウト2・3塁でバッターがスクイズを試みました。
察知した守備側がウエストボールを投げたため(1塁側へはずした)、バッターはバッターボックスから片足を出した後、ボールに当てました。
審判は反則打球として3塁ランナーアウト、打者打ち直しとの判定をしました。
攻撃側監督からタイムあり、判定への意見を述べました。

反則打球(はんそくだきゅう)とは、野球において、打者がバッターボックスから完全に片足または両足をはみ出した状態でバットに打球を当てる反則をいう。打者はバッターボックスに両足を置いた状態で打撃を行わなければならない。打撃姿勢をとる段階では、両足をバッターボックスの内に置くことが要求されているが、実際に打撃を行う際には、片足でも完全にバッターボックスの外に出て打撃を行った場合に、反則打球とみなされる。ここでバッターボックスを示す白線はバッターボックスの一部であり、白線を踏んでいる(少しでも足が白線にかかっている)限りは、反則打球とならない。また、反則打球はバットにボールが当たったときに適用されるので、打球がフェアかファウルかは問わないし、ファウルチップでも適用される。しかし、空振りの場合は適用されない。本塁(プレート)を踏んだ状態でバットをボールに当てるとアウトとする処置を見かけるが、これは誤用であり、野球では踵など足の一部がバッターボックス内にあれば、同時につま先がプレートを踏んだ状態であっても反則打球にはならない(ソフトボールはアウト)
打者が両足をバッターボックス内に置いた状態からジャンプし、両足が空中にある間にバットをボールに当てた場合は、着地したときに両足または片足が完全にボックスの外に出ていても反則とはしない運用がなされている。
措置
打者はアウトとなる。他の走者は進塁できず、投手の投球時に占有していた塁に戻らなければならない。備考
日本では2005年まで、スクイズプレイに伴う反則打球は、公認野球規則7.08(g)(守備妨害)を適用し、「無死または一死の場合は三塁走者がアウト、二死の場合は打者アウトとなり得点は記録されない」とされてきた。しかし、2006年にこの規則は改正され、打撃が反則打球である場合は打者をアウトにし、三塁走者は三塁に戻ることとなった。(規則7.08(g)に関連する内容については守備妨害も参照のこと)このルール改正の結果、スクイズプレイを守備側に見破られてピッチアウトされそうになった場合、打者はボックスからどれだけ外に出ようがとにかくバットに球を当てさえすれば、自身はアウトになるが三塁走者がアウトになることはなくなった2005年までの守備妨害を適用する運用はこういったプレイを抑止するためのものだった。


結果 結果はバッターアウト、ランナーは元の塁へとなりました。